敬老の日の特徴やギフトの種類

長寿を祝いお年寄りを敬う敬老の日は、日ごろの感謝の気持ちを伝えるためにギフトを贈るのにも適している日です。


以前は9月15日でしたが、現在では9月の第3月曜日が敬老の日として祝日に制定されています。この機会には身近なお年寄りのかたに、お祝いの気持ちを込めて贈りものをしてみるのもお勧めです。
しかし何歳からお祝いをすれば良いのか、という点で迷うこともあるかも知れません。

というのも最近では高齢の方でもとても若々しい印象であるため、お年寄りと呼んでしまっては違和感があったりかえって相手に失礼なのではないかと思ってしまうこともあるからです。

ちなみにWHOでは65歳以上を高齢者としているほか、日本の老人福祉法でも65歳以上が高齢者です。

そのため65歳というのは1つの目安とはなります。

そうはいっても本人が自分は高齢者と思いたくないのに、周囲が年寄り扱いをしてしまっては傷つけてしまうこともあるでしょう。

敬老の日を「よくわからない」と思っているあなたも、詳しい情報を見れば考え方が変わります。

そのようなことも考えると、敬老の日には相手の気持ちを考えてお祝いをした方が良いかも知れません。もし敬老の日のお祝いとして何かをプレゼントしたいのであれば、相手の好みに合ったものを選ぶのがお勧めです。
とはいえ好みが良く分からないということも少なくないものです。

そのようなときには、相手に直接聞くと失敗がありません。

また一般的にはお菓子やお花、手紙などが喜ばれることがあるようです。



手作りのものなども気持ちが伝わるため、良いかも知れません。