最近はサブスクリプションと言う言葉が流行しています。このサブスクリプションとは、簡単に言えば定額課金勢のことで、毎月決まったお金を支払う仕組みのことを意味しています。このサブスクリプションに加入することにより、例えば動画を自由に見ることができるわけです。もちろん全てが無料と言うわけではありませんが、課金した範囲内であれば自由に閲覧可能です。

少子高齢化の影響で、子供の数も少なくなっておりおもちゃを扱っている会社は四苦八苦しているのが現状かもしれません。少しでも売り上げを伸ばすためには、今までのやり方ではなく、少し違うやり方をしなければいけません。この時考え出されたのがこのサブスクと呼ばれるものになります。果たしておもちゃを定額課金勢で扱うことができるか問題になりますが、実は工夫次第でこれを行う事は不可能ではありません。

具体的にどのような方法で行うかと言えば、例えば毎月定期的に子供用の玩具を届ける仕組みを採用するわけです。子供といっても、小学生や中学生ではなく、まだ未就学児をイメージしています。未就学児の場合には、すぐに大きくなるためおもちゃもすぐに飽きてしまう可能性があるでしょう。そして月齢に応じていろいろな種類の玩具を提供することが必要です。

この場合には、毎月定額制で届けると言う形にすれば、常にその月齢にあったおもちゃを開けることなく遊ぶことができるでしょう。これにより、無駄に玩具にお金をかける必要もなくなります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です